Garmin vívoactive® 3 Music Black

2019.03.25 Monday
0

     

    ようやくですが、1月に購入したガーミンのレビューを。

     

     

    大きさ的には自分の細腕にもぴったり。

    女性向けといっても過言ではないサイズかも。

    まあ、ランナーでそんなにごつい腕の人はいないだろうってことなのか・・・。

     

    重さは39g。

    届いて手にもってすぐに、思わず「軽っ」とつぶやいてしまうくらい。

    まあ、言い方次第ではこんなにちゃっちくて大丈夫かって心配しちゃうくらい。

     

    カテゴリー的にはランニングウォッチというよりも、

    スマートウォッチという位置付け。

    操作は基本的にベゼルについたボタンではなく、タッチパネルということになる。

     

    ちなみにレンズ部分はちゃんと強化ガラス製。

    強化プラスチックではないので、細かい傷がつかないのはいいかも。

    ケースもステンレスではないけど、

    金属っぽく見える繊維強化ポリマー素材。

    意外とスーツに合わせても、

    ウォッチフェイスを工夫すれば、しっくり馴染みそうかも。

     

    で、気になる使い勝手ですが、

    走っているときはその存在を忘れてしまうくらいの軽さ。

    視認性は薄暗い早朝、日中の明るい中でも全く問題なし。

     

    タッチの感じは、さすがにiphoneなどとは劣るけど、

    上下、左右にスワイプするだけであれば、不都合は無し。

    しかも、雨の日などの濡れた指でもしっかり反応。

    それどころが、ランニンググローブをしていても動いてくれるのはうれしい。

     

    あとは音楽が聴ける点。

    ワイヤレスイヤホンがあれば、スマートに音楽を楽しみながら走ることができる。

    別に音楽デバイスをもって走らなくてよくなったのは大きいかも。

    本体にmp3データをダウンロードして使うけど、

    これにはパソコンが必須となる。

    スマートウォッチなのでスマホとはBluetoothで常時繋がっているけど、

    これでは使えないのがちょっとマイナスかも。

    ちなみに、定額制音楽サービスにも対応しており、

    AWA、LINE MUSIC、Spotifyがそのまま使える。

    まあ、自分はAmazonMusic派なので、その恩恵にはあやかれませんですが。

     

    意外と気になるのはバッテリー。

    GPSを使って、音楽を聴いて、

    ちゃんとフルマラソンが持ってくれるのかってこと。

    先日、東京マラソンで使いましたが、

    3時間ちょいのゴールで、さすがに50%は切りましたが、

    まだまだ余裕って感じ。

    カタログ通りにGPS+音楽で5時間ってのは信用できるかもしれませんね。

    ランニングウォッチとして使うには全くもって不満無し。

    これにプラス、スマートウォッチとしての機能もあって、

    4万を切るプライスってのは即買いかもしれないね〜。



    ガーミンで悩む!

    2019.01.17 Thursday
    0

      すっかり更新が滞ってしまったけど、

      ナハマラソン、結局のところ凡タイムで終了。

      3時間14分なり。

      かなり意気込んで、今年は相当走りこんでいたんですが、

      やはり後半の伸びがさっぱりできずにこの結果。

      前半のタイムからすれば、

      サブスリーも十分に狙えるタイムだったのに、

      なぜかこのコース、後半がだれちゃうんですよね〜。

       

      それはともかく、ここ最近のマラソングッツ。

      愛用していたNike+スポーツウォッチGPSがサービス終了して死んでしまって以来は、

      iPhoneのNikeRunClubのアプリ+アームバンドで走っているんですが、

      やはりこれだと表示が見づらい。

      というよりも、ほとんど見ていない状態で走っていることに。あ

       

      で、それなりのランニングウォッチが欲しいということで品定め。

      まず候補としては、アップルウォッチ、ガーミン、エプソン、スント。

      一応、今まで使っていたNike+との絡みがあるので、

      選択肢としては、アップルウォッチとガーミンの2択のみ。

      ただ、アップルウォッチ、お値段も相応でいろいろとできることは多いけど、

      やはりランニングに特化していないということでパス。

      残ったのはガーミンということに。

       

      ガーミンの中だと、235J、230J、vivoactive3/3musicが購入候補に。

      とにかく安いなら230J。

      口コミだと235J。

      スマートウォッチとしても使えるのがvivoactive3って感じ。

      で、悩んだ挙句、vivoactive3にしました〜。

       

      音楽も聴けるってことと、

      あとは235Jだと表示面がプラスチックですが、

      こちらはちゃんとガラスなので傷がつきにくいかも。

      しかも重量が3gも軽い(笑)。

       

      そして、vivoactive3/3musicはAmazonだと実売は3.5万くらい。

      思わずポチっとしちゃいました〜。

      使い勝手のレビューはまたのちほど!

       



      NRC(Nike Run Club)アプリ

      2018.09.03 Monday
      0

        ランニング用品というわけではないけど、

        Nike+スポーツウォッチGPSが使えなくなってからは、

        ずーっとスマホアプリのNRCを使っております。

         

        まあ、どのみちスマホをもって走ったほうが、

        急な連絡などに対応することもできるし、

        いちいち走った後にランデータをアップロードする手間も無い。

         

        あとはランニング用のアームバンドを買えば、

        とりあえず日々の練習には問題ないのだ。

         

        で、ここ最近はiPhone+アームバンド+zoloブルートゥースイヤホンという組み合わせで、

        スマートに入っておりますな。

         

        スマホのアームバンドは正直これで十分。

        Pumoli アームバンド ランニング スマートフォン バンド

        何よりも安いし、ちゃんと指紋認証も使えるのだ。

        ただ、二の腕が細い自分は、

        コードを束ねる部分をカットすることで不都合なく使えております。

         

        あとはzoloのワイヤレスイヤホン。

        Zolo Liberty

        これが秀逸。

        完全ワイヤレスなイヤホンながら、7,000円台ととってもリーズナブル。

        よくありがちな重すぎで、走ってると耳から外れるなんてことも皆無。

        3ヶ月くらい使ってるけど、

        転倒したとき以外に耳から外れたことは一度もない。

        まあ、音のほうはそこそこかもしれないけど、

        正直ランニング中に聴く分にはまったくもって問題無し。

         

        これで、今のところは不満なく走れております。

         

        ただ、一つ問題点があるとすれば、

        Zoloのワイヤレスイヤホンの単体での電池持ちが3.5時間と、

        フルマラソンのレースのときに使えるのかどうかが微妙なところ。

         

        とりあえず日々のトレーニングランは問題ないんだけど、

        レース本番はどうしようって感じですな〜。

         

         

         



        Nike+ SportWatch GPSがサポート終了!

        2018.04.29 Sunday
        0

          JUGEMテーマ:マラソン・ランニング

          は〜、マジかって思うけど、

          いきなりの告知。

          なんと、Nike+ Connectソフトウェアが4月30日に終了。

          まさか告知から1か月もしないうちに終わってしまうとは・・・。

           

          2011年の発売以来、かなり愛用して使っていたのに、

          まさかこんな形でオシマイとなってしまうとは。

          欠点を上げればキリがないくらいにたくさんある。

          ただ、これらの欠点を理解、攻略しつつ、

          ここ数年は上手いことつきあってきたのに、まさかいきなりのエンド。

           

          ちなみに、もはや使う人はいないと思うけど、

          致命的な欠点をいくつかあげよう。

           

          ・GPSモードに入らない

          →地図データの容量がいっぱいになると、GPSモードにならないことが多い。

          こまめにデータをシンクして使う必要がある。

          ・水没する

          →画面背面とストラップの隙間から水が入ってしまうようだ。

          一応、防水仕様とはなってはいるけど、汗などによっても水没することも。

          リストバンドやアームスリーブなどの上につけるようにして、

          大雨の日はラップで包むなどして水没対策をする必要がある。

          ・シンクされないことがある。

          →ストラップ内部にある配線の断線することが多い。

          シンクする際には必ず延長コードと使って、ストラップをまっすぐにしないようにする。

           

          さらに、今までいくつも水没させてきたので、

          5個ぐらい購入。

          今も、予備機も含めて2台を交互に使っていたり。

           

          いや〜、ほんとNikeさんの傍若無人っぷりには、

          開いた口が塞がりませんな〜。

           

          で、次はどうするか・・・。

          王道のガーミンにするのか、

          それともNike+に拘って、AppleWatchのNike+バージョンにするか・・・。

          お値段は倍くらい違うので、悩ましいですな〜。



          軍手が使える?

          2015.04.28 Tuesday
          0
            自分、走ってるときは基本的に軍手をつけてます。
            まあ、ほとんどないことですが、転倒したときでも、
            これなら怪我をすることもなかったり。

            あとは、リストバンドのように汗をぬぐうのにも重宝したり。
            値段も安いので、
            ちょっと汚れてきたら、すぐに新しいものに替えられるのもいいとこですな。



            そして、コレ、レース中にかなり大活躍。
            滑り止めがついてるので、
            給水のときでもうっかり滑ることもない。

            あとは保温。
            意外と手の末端が冷えると、それで体力を奪われてしまうもの。
            手袋くらいって思うかもしれないけど、
            長袖シャツを着るよりも、よっぽど暖かく感じるかもしれない。

            視認性。
            夜や早朝のラン、やはり自動車には引かれたくないもんだ。
            そんなとき、白い手袋で、
            しかも、腕を振るので視認性はかなり高いのだ。

            ということから、軍手をつけていつも走っております。


            PR
            calendar
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            24252627282930
            << November 2019 >>
            selected entries
            categories
            archives
            recent comment
            links
            profile
            search this site.
            others
            mobile
            qrcode
            powered
            無料ブログ作成サービス JUGEM
            2008JUGEMキャラコングランプリ
            キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」