結局、イオンモールライカムに駐車!

2020.02.17 Monday
0

    JUGEMテーマ:マラソン・ランニング

     

    おきなわマラソン、結局、イオンモールライカムの臨時駐車場に駐車。

    朝は5時20分に那覇を出発。

    現地には6時前に到着でほぼ車無し。

    6時30分過ぎから一気に車が埋まりだしたけど、

    7時過ぎでもまだまだ入れそうな感じでしたね〜。

     

    ただ、この駐車場、うれしいのは、

    シャトルバス乗り場近くのライカムのトイレが解放されること。

    ウォシュレットフリークな自分としては、

    これがあるのとないのとでは全然違うってね。

    けど、6時30分前にならないと使えないので注意が必要かも。

     

    で、シャトルバス。

    収容台数が1000台もあるので、バスの本数も多い。

    一気に3台くらいが動いてるので、

    ほとんど待たずに乗り込みできるのもうれしいところ。

    会場までは20分くらい。

    余裕をもってスタートゾーンに整列できましたよ。

     

     

    けど、問題は帰りのシャトルバス。

    ライカム向けがひどい渋滞で、1時間弱はかかったかも。

    まあ、帰りなので何でもいいといえばいいんだけど。

     

     

    あ、ちなみにおきなわマラソンのほうは無事完走。

    3時間7分。

    昨年とほぼ同じタイムだけど、順位のほうは大幅アップ。

    灼熱、そして極寒という厳しいレースだったけど、

    なんとか歩かずに走りきることができてよかったな〜。



    おきなわマラソン会場までどうやって行く?

    2020.02.10 Monday
    0

      JUGEMテーマ:マラソン・ランニング

       

      いよいよ今週末、自分にとってのマラソンシーズンの集大成ともいえるおきなわマラソン。

      もちろん、自己ベストのサブスリーを狙っていきますよ〜。

       

      ちなみにこのレース、沖縄市が戦場なのだ。

      那覇から車で40分。

      毎年だけど、どうやって会場まで行くのか・・・。

      これに悩まされるのだ。

       

      一昨年までは会場まで歩いて行ける臨時駐車場、ショッパーズ泡瀬跡地があったけど、

      昨年から使用不能に。

      ということで、去年は那覇バスターミナルからバスで行ったけど、

      これがもう不便なこと・・・。

      うちからバスターミナルまでは歩いて5分くらいなので、

      余裕をぶっこいて行くと、いっぱいじゃないかって。

      最終のバスだと乗れなかったときが悲劇なので、

      1本前のバスを狙っていったけど、結局座っていくことができず・・・。

      しかも、帰りのバスも会場から乗れるのかと思いきや、

      普通のバス停からしか出ていなくて、そこを探してウロウロと。

       

      まあ、毎年バス利用で慣れていればいいのかもしれないけど、

      バス初心者ではこれは無理という結論に。

       

      ということで、今年は例年のように自家用車で行っちゃおうかと。

      ただ、ショッパーズはもう使えないので、

      手前の熱田漁港を狙ってみようかと。

       

      で、問題は何時までに行けば駐車できるのか・・・。

      一応、オフィシャルのペーパーには6時30分から利用可能とは書いてあるけど、

      それに合わせて5時45分までの出発を考えて・・・。

      となると、車内での朝食の準備などを考えておかないとな〜。



      月間300キロ突破!

      2019.12.22 Sunday
      0

         

        遅ればせながら、NAHAマラソン完走しました。

        タイムは3時間12分のここ5年くらい全く同じタイムだったり。

        ただ、順位のほうは過去最高で100位ちょい。

        絶対的に見れば凡タイムですが、

        相対的に見れば、なかなか上々のタイムなのかも。

         

        まあ、NAHAマラソン。

        位置付け的には、マラソンシーズン最初の力試しの場。

        タイムが出るレースではないので、

        とりあえずの現状把握ってね。

         

        そして毎年思うのが、圧倒的なスピード不足。

        やはりトップスピードが低いので、

        イマヒトツ、前半で波に乗りきれないまま、

        ハーフを90分オーバーで回り、後半はサブスリーのサの字も見えないまま、

        ペースダウンという悪循環。

         

        こう思うと、やはりトップスピードの高いランナーは、

        前半で飛び出して、モチベーションを維持しながらハーフを回り、

        そして後半は気合いと根性で走り抜けることができるのかも。

         

        あとはふと思ったことが、

        スタート整列のとき・・・。

        おそらく8割オーバーのランナーがナイキの厚底シューズを履いていたこと。

        昨年はアシックス半分、ナイキ半分だったけど、今年は全然違う。

        しかも、今年頭の東京マラソンではほぼ9割以上のランナーが、

        ナイキの厚底だったのを思い出す。

         

        クッション性と反発力の両立。

        スピードを維持しつつ、後半にも足が残るという噂は、

        憶測から確信に変わった瞬間かも。

         

        ただ、シューズ自体の耐久性は全くないので、

        レースのみの専用シューズということになりますが。

        なんでも400キロが使用限界だそうな。

        ちなみに、当初のモデルだと150キロ。

        フルマラソンを3回走ったらごみ箱行きというガラスのような靴。

         

        けど、練習はひたすら薄底で足裏を鍛えて、

        本番だけはフカフカの厚底で足裏を温存しつつ、

        レース後半からの伸びに期待するってのもいいのかもな〜。

         



        本日、ナハマラソン

        2019.12.01 Sunday
        0

          JUGEMテーマ:マラソン・ランニング

           

          泣いても笑っても今日がスタート。

          ナハマラソン。

          字余り・・・。

           

          なーんて、いよいよ今日が本番レース。

          先月、11月はなんと400キロ走破。

          でも、気が付けば去年も400キロ走っていたんだよね〜。

          で、去年は3時間14分という不甲斐ない結果に・・・。

           

          今年こそはなんとかサブスリーを目指して、

          キロ4分10秒で序盤から引っ張りたいところだけど。

           

          例年だと、序盤押さえすぎて、

          ハーフの時点ですでにサブスリーの夢がついえて、

          後半はコース的にイージーにもかかわらず、

          さらにタイムも落ちてしまうという結果に。

           

          今年は飛ばし過ぎず、押さえすぎず、

          とにかくキロ4分10秒を死守してハーフまで引っ張りたいかと。

          最後の登りはもう気合で行くしかないって感じでしょうか。

           

          けど、何気に今回のナハマラソン、

          自分にとっては記念すべき30回目のフルマラソンだったり。

          何かサプライズな結果を残せればいいんだけど。

           

          ちなみに調整のほうはちょいイマヒトツ。

          いわゆる、デブになってんじゃねーかって感じ。

          最後の食事前で60.7キロ。

          計量後もモリモリう○こが出てるので、

          食事をもりもり食べても同じくらいかと。

          ん〜、なんとか60キロちょいくらいでおさめたいところではあったけど、

          これは筋力がついたということで誤魔化しておこうってね。



          おきなわマラソン、無傷で完走!

          2019.02.18 Monday
          0

            JUGEMテーマ:マラソン・ランニング

             

            先週末はちょうどおきなわマラソン。

            気温15度スタート、最高気温でも18度と、

            マラソンにとってはちょうどいい気候。

            ちょっとタイムに期待したりもしましたが、

            残念ながら3時間7分20秒でフィニッシュ。

            昨年よりも3分遅い・・・。

             

            レースの内容としては、

            前半、人混みに阻まれべっこりペースダウン。

            キロ5分オーバーペースからのスタート、

            終盤でようやくキロ4分25分まで追い上げるものの、

            これ以上の加速はできず・・・。

            結局、前半、後半、ほぼイーブンペースでのゴール。

            一応、最後はしっかりスパートできたのでヨシとすべきではあるけど。

             

            ただ、今回のレース、

            例年だとこれがマラソンシーズン最後のレースとなっていたけど、

            今年は何気に2週間後の東京マラソンも走ることになりまして、

            故障気味だった足首を温存しての走り。

            鬼のようなピッチ走法を守りつつの走りだったので、

            それにしてはまずまず検討したかなって感じ。

             

            ちなみに、足の爪は無傷。

            厳しいレースの場合は、足に激しい水膨れができたり、

            足の爪の中が内出血したりするんだけど、

            それも皆無で済みました。

             

            で、次のレースへの課題。

            やはりスピードアップ。

            5キロペースが22分くらいだけど、

            これをなんとか21分、あと1分くらい縮めないと3時間を切るのは厳しい。

            巡行で4分10秒くらいで走れるスピードが必要だったり。

             

            おそらく体力的にも足の耐力的にも、

            フルマラソンを走りきるだけの力は十分あるので、

            あとはこのピッチ走法でさらにどうやってスピードを上げるかを、

            この2週間で見出さないとな〜。

             

            ちなみに今回のおきなわマラソンの平均ピッチはなんと200。

            これ以上のスピードアップとなるとストライドを少し広げるくらいだけど、

            そのためにはもう少し股関節を意識して、

            足を長く使って走るのがいいのかもしれない。



            PR
            calendar
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            3031     
            << August 2020 >>
            selected entries
            categories
            archives
            recent comment
            links
            profile
            search this site.
            others
            mobile
            qrcode
            powered
            無料ブログ作成サービス JUGEM
            2008JUGEMキャラコングランプリ
            キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」